知多半島ナビ
有限会社 カレット洋菓子店
常滑市と半田市で洋菓子・和菓子の製造販売をしております。目指すお店は『知多半島の恵まれた食材を活かしたお菓子の専門店』と『安心して贈ることができるギフト販売』の2つを柱としたお店作りをしていきたいと考えています。 また、会社と従業員の平等な関係を基本に時代に沿った労務を実践し、従業員の幸福を求め続けたい。

 

地域に愛されるお菓子屋さん

 

 こんにちは、知多半島ナビです。

今回私たちは、常滑市の矢田川沿いにお店を構える、

カレット常滑店へ取材に行ってきました。

 

Z8C5RXjJIPBmShB0jasrp8QS_6JxTwvKXHlIEviBDYg[1]

pjGnCuyUZEjxo7LFHZHBrRND0RmG4LAZSYz-zi7i_8c[1] Gjhr4rKKW_YhVwJXklvsx9gGX0dZX_1CAFuRgPTjEGs[1]

まるでレストランのようなおしゃれな店構え。

カレット常滑店は2015年9月に外装をリニューアルしました。

時が流れても古さを感じさせない、その古さがお店の品格になるような、シックなイメージになるようにこだわったそうです。

 

 

 

 

 

お店について

カレットの創業は昭和初期までさかのぼります。

現在の店主、水谷さんは4代目にあたります。

元々カレットは、「かどや」という和菓子屋さんでした。

水谷さんのお父さんが洋菓子カレットを作り、水谷さんの代で洋菓子カレットと和菓子かどやを併設しました。

 

 

創業当時から今まで、長い間お店が愛されている理由について、

①カレットの顧客様が来てくださること

②ブッセというお菓子がたくさんの人に愛されていてよく売れること

③素直な従業員に恵まれていること

④労務や仕事を整備して、気持ちがよく仕事ができる環境を作る努力をしていること

 

以上が大きな要素だと教えていただきました。

お客さんと商品と従業員に恵まれてきたこと、それらに対して誠意をもって応えてきたことが、カレットが長く愛されてきた理由なんですね。

 

edde9218401c15026a810438d9bbdd86-540x303[1] unYLkPxaDgIOflFf9N2zeJDKQRYbiRw9GHXZiD5vhEM,Vn_qE37WWr4sjW_6dFjli5TSBNWZRm8Njup_w5XY_A4[1]

写真左が宝石のようなケーキが並ぶ洋菓子カレット。
写真右が伝統的な味が並ぶ和菓子かどやです。

店内ではこの2つのお店が併せて入っています。

 

 

eoXJSzB7RfIO-IoZuXShpe2SOCG2sq7tbbqjILvRGiA,-i5pr2COdSzUhaBMmi6URIBLjUSTVVtay5hMb3Om61Y[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開放的なカフェスペースもあります。

 

 

 

ME79dwLVbOyd4dtYuQn7ZDFOH7NqVbC5ZYouC7ssGDc[2] Gewoc7eiil2El0RQK8YSGSzVNHbNFHCDjZEM2u0_F9c[1]

カフェメニューにはお得なセットメニューもあります。

カフェスペースで友達とゆっくりとお茶して、

帰りに家族へお土産を買っていく、なんていうのもいいですね。

 

 

 

 

 

商品について

カレットの1番人気商品はブッセ

ブッセとは、ふわふわの生地にコクのあるクリームをサンドしたお菓子です。

ORkk-2abGWQZkupDIJSDUlHL8Z5sFuW40ur6cK8eRRo[1]

カレットのブッセはチーズ、ピーナッツ、いちごの3種類

シンプルなお菓子なので、フレッシュ感にこだわり、毎日作りたてのものをお店に並べています。

なんと、毎日約1000個のブッセが作られています。

年末などの繁忙期になると1日で5000個作るそうです。

 

人気の秘密はずばり、飽きがこずまた食べたくなる味

たまごの風味や、生地の食感にこだわったブッセはカレットのロングセラー商品です!

 

 

 

 

また、カレットでは、お土産・ギフトも充実!

uUCGJBPYG13qquKL-pC0uRJg8uxcQRTn8ytzC7pSZj8[1] T3_0Hhrr8f7qheG7dZ2BFDUDpbayR7ByazrwUXSdJaU[1]

 

こんな素敵なラッピングがしてあるお菓子をもらったらうれしいですよね!

大切な人への贈り物や、手土産などにおすすめです。

実は私も、友達へのプレゼントで度々使わせていただいてます♪

ギフトには昔から力を入れていて、これからももっと安心して喜んで使ってもらえるギフトの種類を増やしていきたいと考えているそうです。

 

 

 

 

 

カレットの目指すもの

カレットの強みは従業員全員で積み重ねてきた歴史。

創業当初からこの地で店を構え、地元の人に愛されてきました。

 

今後はどのようなお店にしていきたいかと質問したところ、

‟フランス菓子をお手本とした、素材をしっかりと活かせる技術を身につけて、自然豊かなこの地域でお菓子の専門店として、時代に左右されないお店づくりをしたい。”

水谷さんはこのように答えてくれました。
I42wXsYLYQ1v5uIPS3k6kGIOwnN4uLdgyDZDayT4EBE[1]

取材を通して、水谷さんの地元を愛し、職人としての仕事にこだわる姿勢がひしひし伝わってきました。

だからこそカレットには、流行り廃りに左右されず、長年愛され根付いてきたお客さんとの信頼関係はがあるのだと思います。

みなさんも、自分へのご褒美に、大切な人への贈り物に、カレットを利用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、知多半島ナビでした。

 

 


カレット常滑店・かどや
〒479-0001
愛知県常滑市矢田垣出口46-1
TEL:0569-42-1487 / FAX:0569-42-1480

 

カレット半田店
〒457-0857
愛知県半田市広小路町153-8
TEL:0569-22-7340


 

有限会社 カレット洋菓子店

http://www.carette.co.jp